人気ブログランキング |

毎日の生活の中に素敵なショットを見つけていけたら嬉しいです。


by umi

タグ:建造物 ( 64 ) タグの人気記事

ぴかぴか


ぴかぴか_b0324291_19330425.jpg



ガラス張りの建物
熱効率がよくて、省エネだと
NYの新しいビルはガラス張りが人気だそうです

かえって暑そうとか思っちゃうけど^^;

それに、全面ガラス張りって
地震には弱そう><

アメリカ東海岸は揺れないんでしょうね~


ぴかぴか_b0324291_19332673.jpg




↑の写真のような積み木を積み上げたような形とか
日本じゃ、無理^^;
地震が来たら、怖すぎる


地震、台風、自然の脅威を忘れては過ごせない日本

昨日の深夜も
強風が吹きだして、その後、激しい雨
遠くを通っていった台風崩れの熱帯低気圧の影響

朝まで荒れてたらどうしよう><
って思ったら、今朝はお天気快復してました^^


この週末は、お天気良さそう


そして。。。


明日の土曜日は、
RWCの日本の試合♪

いい試合になるとイイナ~

楽しみです*^^*





いつも見てくださって
ありがとうございます^^



by umitosora14 | 2019-10-04 20:39 | 旅行、お出掛け


エンパイア・ステートビル_b0324291_23093428.jpg




エンパイア・ステートビル

ニューヨークの高層ビルというと
ここがイメージされたのは
いつの頃までだろう



このポスターの柔らかな表情^^
良い雰囲気♪

キングコングは知ってるけど
その映画は、観たこと無いような^^?

たぶん、↓は、当初の映画のポスター




エンパイア・ステートビル_b0324291_23104073.jpg


かなり荒々しい表情
そして、飛行機も時代ものですね~

そして、時代は移り
エンパイアステートビル展望台からは、
新たに建てられたワールドトレードセンターが遠く望めた



エンパイア・ステートビル_b0324291_23093285.jpg



この写真の中央の高いのが、そうです
NYで一番高い建物

その右手に流れてるのは、ハドソン川で
奥の湾へと流れてます


分かりにくいですけど
そのワールド・トレード・センターのすぐ右手辺り
ハドソン川の小さな島に、自由の女神が立ってるんですよ
この距離では、小さな光の点^^;
分からないですね 笑



NYでの最初の夜
スマホナビを頼りに
ホテルからてくてく歩いて20分ほど
夜道も人も多くて、あまり危険も無さそうな感じでした
それでも、長い一日に疲れちゃって
帰りは、黄色いキャブでホテルに戻りました 笑



(2019.8 ニューヨークにて アメリカ)




いつも見てくださって
ありがとうございます^^





by umitosora14 | 2019-09-26 23:43 | 旅行、お出掛け | Comments(10)

外階段


外階段_b0324291_22050379.jpg




"ティファニーで朝食を"
まぁ有名すぎる映画ですけどね
何となくのイメージしか覚えて無くて^^;

この旅の前にレンタルして観てみた
かなり時代を感じる作品でした 笑
そりゃそうですよね^^;

で、その映画の中で
同じアパートの上の階と下の階に住むふたりが
窓から外階段を使って行き来するんですよね
というか、その階段が無かったら、
あの二人の交流は生じなかったかも?






外階段_b0324291_22050598.jpg



そういえば、他のアメリカ映画でも外階段の場面があったのを思い出し
昔はこういう外階段があったんだと思っていたら

今のNYでもあってビックリ!

もちろん、ピカピカの高層ビルとかにはありませんけど
ちょっと離れたところの新しくない建物には
かなり頻度で外階段♪


今も残ってるんですね~
趣きがあって、良いなぁ

って、実際には使うのは怖そうです^^;
まぁ非常階段なので普段使うものではないのですけどね


日本でも欧州でも見ない外階段
思いがけないところに
アメリカ!を感じた*^^*





いつも見てくださって
ありがとうございます^^




by umitosora14 | 2019-09-10 22:43 | 旅行、お出掛け | Comments(8)

相馬楼


相馬楼_b0324291_23152567.jpg




旧料亭


見学の受付をすると
舞妓さんふたりが、見学コースを説明してくださいます♪




相馬楼_b0324291_23152437.jpg




雅で斬新な装飾
北前船で華やかな京文化が伝わったのが偲ばれる

明治の酒田の大火で
土蔵だけ残して焼け落ち
すぐ後に、土蔵を中心に再建されたそう




相馬楼_b0324291_23152660.jpg



わたしが酒田に住んでいた時は
まだ、料亭として使われてて、
ご縁が無くここを知りませんでした^^;



相馬楼_b0324291_23152840.jpg



部屋を見事でしたけど
舞妓さんの舞も見学できるというので、申し込み


2階の大広間で
舞いを3曲、愉しみました
初めて見た舞妓さんの舞い、とても素敵でした^^



相馬楼_b0324291_23152795.jpg



舞妓さんたち、とても可愛かった~
一緒に写真も撮れました♪


館内には、竹久夢二の美術館もあって
それも、堪能♪



ここ、とってもお薦めです*^^*



(2019.4 相馬楼にて 山形県酒田市)





追記です


舞妓さんの舞いは写真に撮れなかったので
雰囲気だけ 笑
パンフレット写真ですけど



相馬楼_b0324291_19490718.jpg

こちらも♪ 笑


相馬楼_b0324291_19491843.jpg










いつも見てくださって
ありがとうございます^^




by umitosora14 | 2019-07-11 23:42 | 旅行、お出掛け | Comments(10)

山居倉庫


山居倉庫_b0324291_19094498.jpg




山形の酒田市

ここ庄内地方は米どころ
米の積み出し港として賑わった酒田
この倉庫群は、お米の保管庫です





山居倉庫_b0324291_19094398.jpg




倉庫として、今も現役で使われてて
一部が、資料館と物産館になってます


「おしん」のロケ地だったんですよ



山居倉庫_b0324291_19093032.jpg




山居倉庫_b0324291_19094543.jpg



風や西日の影響をおさえるための
倉庫西側のケヤキ並木です





庄内米、ほんとに美味しいんですよ~
転勤で名古屋に戻った時
しばらく、庄内米を送ってもらってました^^




(2019.4 山居倉庫にて 山形県酒田市)







いつも見てくださって
ありがとうございます^^





by umitosora14 | 2019-07-09 19:51 | 旅行、お出掛け | Comments(2)

桜と洋館


桜と洋館_b0324291_00044288.jpg


お散歩してて出会った
古い洋館と桜


西洋館っぽいけど
ぜんぜん違う名前で使われてるから、違うのかなって思ったけど


やっぱり西洋館だった♪




桜と洋館_b0324291_00041780.jpg


「旧イギリス七番館」

横浜って、あちこちに古いものも残ってて
なんかイイナ^^





***


名古屋の桜は
やっとだいぶ咲いてきたけど、近所はまだ5分咲きぐらい?
どちらにしても
風が冷たすぎて><

仕事前に撮りに行こうかと思ったりするけど
あまりの寒さに、なかなか足が向かず^^;





ところで
外は寒いのですけど
ちょっと嬉しいこともあって
順調にすすめば、今年のうちに嬉しいことが2つありそう♪

それを励みに
いっそうゴタゴタ感がましてくるお仕事><
がんばろう 苦笑






いつも見てくださって
ありがとうございます^^


by umitosora14 | 2019-04-03 00:46 | 花、自然

ネロの願い


ネロの願い_b0324291_18422435.jpg


ノートルダム大聖堂
(聖母大聖堂)



アントワープといえば「フランダースの犬」
が連想されます^^

画家になるのが夢だったネロ
彼が憧れ続け、一目みたいと願い続けた祭壇画は
この教会のルーペンスの絵



ネロの願い_b0324291_18424559.jpg




ネロが最後にやっと目にできた「キリストの降架」




ネロの願い_b0324291_18424492.jpg




お話しのなかでは、
絵には布の覆いが掛かっててお金を払わないと見られませんが
もちろん今は、覆いは掛けられていません


この教会には
もう一つの有名な「キリストの昇架」など
他にもルーペンスの絵が飾られてました




ネロの願い_b0324291_18424595.jpg



聖母の優しい表情も印象的







「フランダースの犬」は、地元では人気が無かったんですよね
日本人が訪ねてくるので認知されていったくらいで。


欧州では、勝者の話しが人気で
この話しは、結局報われずに死んでしまうのが好まれなかったらしい
日本人は、その切なさに心打たれるのですけど
文化の違いなんでしょうね


ちなみに
この教会の前のネロとパトラッシュの彫像
中国の方が寄贈したとか
なんか、ちょっと私のイメージとは違ったので、写真は無しです 笑





(2018.8 アントワープ大聖堂にて ベルギー)




いつも見てくださって
ありがとうございます^^






by umitosora14 | 2019-01-28 19:34 | 旅行、お出掛け | Comments(30)

時の流れ


時の流れ_b0324291_02185402.jpg




前記事の明治安田生命の建物です


今の建物の造りも、すごく魅力的でしたけど
紹介されてあったこの建物の変遷も
とても印象深くて
ちょっとご紹介させてくださいね




昭和9年(1934年)に建てられ
戦時中には金属回収で、様々な金属類、通路の金属の手すり等も外され拠出
東京大空襲にもあいながら、火事をまぬがれ


そして、戦後は
GHQに接収され
対日理事会も、ここの2階の会議室で開かれてました


マッカーサー総司令官も、何回も出席したそうです




時の流れ_b0324291_02185773.jpg




GHQには11年間接収され
日本への返還は、昭和31年(1956年)

GHQ接収の間、内部は区切られたり、カラフルな色で塗られたりもしてたそう

返還された後は、内部をもとの姿に戻す手入れをして
戦時中に金属提供で無くなった手すり等も、元と同じデザインで作り直し

そういう努力がされて
今の姿があるんですね





時の流れ_b0324291_02185664.jpg





国の重要文化財の指定もうけていますが

ただ保護するのではなくて
実際に使いながら保護していくカタチを取っているそう


↑の写真は、実際に今も営業している箇所です
明治安田生命の本社として
お役様相談センターとして営業中

前記事ラスト写真の長椅子は
ココの受付前のスペースに置かれてるものです

この会社の保険は、すみません入ってませんが^^;
保険に入ってたら、ココを利用するチャンスがあるのかな?
この場所を実際に利用できるなら、
東京に住んでいたら、
ココの保険を使ってみたいという誘惑にかられました 笑





小田さんの歌がながれるCMも素敵ポイントでしたけど
この建物を維持して無料開放している心意気♪
営利だけにはしらないって良いなぁ^^

これからも、ずっとこの姿を維持していってほしい
そう願います




って、もし私の記述に間違いがあったら
ぜひご指摘くださいませ
年の記載は確認したつもりですけど
説明は覚えてたものがほとんどで
間違いがあったら、ごめんなさい^^;





(2018.11 明治生命館にて 東京丸の内)



いつも見てくださって
ありがとうございます^^





by umitosora14 | 2019-01-20 08:30 | 旅行、お出掛け | Comments(10)

重厚感


重厚感_b0324291_19503165.jpg



光と影




重厚感_b0324291_19503393.jpg


長い歴史を経て



重厚感_b0324291_19503219.jpg



どっしりとした魅力を感じる






明治安田生命の建物

休日に通り掛って
中が見れたら良いよね~
って、スマホで検索すると
営業中の表示。。。?

実際にまだ会社としても使われている建物
無料で開放もしてるのにビックリ

凄く素敵でした*^^*




(2018.11 明治安田生命保険相互会社にて  東京)





いつも見てくださって
ありがとうございます^^



by umitosora14 | 2019-01-17 20:00 | 旅行、お出掛け | Comments(24)

ノートルダムの鐘


ノートルダムの鐘_b0324291_00154134.jpg



久しぶりに劇団四季の演劇をみた
「ノートルダムの鐘」

素晴らしかった
荘厳な聖歌での始まりから、
すっかり惹き込まれました

劇の描き方も、伝わってくるものも、その歌声も
ほんとに凄い!
ほんとに良かった~^^


ディズニー映画をもとにしてますけど
この劇団四季版は、描き方は、新たな切り口で大人のもの。
原作のユゴーの小説のニュアンスに近づいた作品になってるそうです。




ノートルダムの鐘_b0324291_01351825.jpg





改めて、劇って素晴らしいって感じました



この劇を申し込んだのは秋の初め頃
「ノートルダムの鐘」という劇を観たいって思ってると、夫に伝えると
「あ~あれね、観たいね」と即答
えっ???「ノートルダムの鐘」って言葉だけで通じたの?知ってるの??
わたしの動揺をよそに
「劇団四季のでしょ?」と夫
劇団四季って存在を知ってるの?!
わたし的に、かなりビックリの展開でした 笑

まさか、夫が、作品名を、劇団四季の存在を知ってるとは驚きでしたが、
じつは、地下鉄通勤で、ポスターが貼られてたんですね 笑
毎日目にするポスターの効果って、威力あるんですね~w

劇団四季は、友人たちと観た「キャッツ」以来の久々
やっぱり劇団四季って素晴らしい
また、違う作品も観たいなぁって思ってます



(今日の写真は、過去の教会写真。1枚目ベルギー、2枚目フランス。
劇では、ノートルダムの大きな薔薇窓が、美しく印象的です)





いつも見てくださって
ありがとうございます^^




by umitosora14 | 2018-12-11 08:30 | 旅行、お出掛け | Comments(6)