毎日の生活の中に素敵なショットを見つけていけたら嬉しいです。


by umi

南禅寺の水路閣 @京都

b0324291_17454494.jpg


















▲ 廃墟のような佇み


南禅寺の奥の水路閣
どっしりとしたレンガ造りのアーチ橋です

琵琶湖からの湖水を京都にひく琵琶湖疏水
その疎水を境内を通過させるために
明治23年に設計建造されたものです


b0324291_17460233.jpg



















サスペンスドラマの撮影にも使われているとか


b0324291_17460428.jpg

南禅寺では水路閣が観たくて
楽しみにしてました^^

期待通りのどっしりとした風格♪
西洋のアーチ橋ですが、
お寺の境内にしっとりと馴染んで情緒があります


アーチ橋の上は
今も疎水が流れていて

b0324291_17460624.jpg



水路閣にも
和装の女性が似合います^^


b0324291_17460529.jpg


















秋の京都の旅
日帰りでしたけど、存分に味わえました♪


京都の旅にお付き合い頂いて
有難うございました^^



ブログランキングに参加してます。
クリックして頂けると嬉しいです♪


[PR]
# by umitosora14 | 2014-11-07 22:20 | 旅行、お出掛け | Comments(6)

紅葉の隙間から

b0324291_17033728.jpg



















▲ 艶やかな紅色




何故か、和装の女性を多く見かけました

紅葉に和装はしっくり♪

b0324291_17033810.jpg


色付き始めた錦の下を
行き交う人々

b0324291_17033973.jpg



















三門からの眺め

遠くばかりでなく、直ぐ下にも
美しい光景が繰り広がっていました^^




ブログランキングに参加してます。
クリックして頂けると嬉しいです♪


[PR]
# by umitosora14 | 2014-11-06 22:34 | 旅行、お出掛け | Comments(8)
b0324291_00360936.jpg


















▲ 絶景かな?


京都ツアーの続きです
最後の訪問地は、南禅寺です

ここは三門が有名です
歌舞伎で、大盗賊の石川五右衛門の「絶景かな、絶景かな。」
の科白が有名です

「絶景かな、絶景かな。
春の宵は値千両とは、小せえ、小せえ。
この五右衛門の目からは、値万両、万々両・・・」


b0324291_00361091.jpg


















桜の時期では無いですし
紅葉も染まりだし始めたところですが
絶景・・・かな・・・?

絶景とまでいかなくても、素敵な眺めです^^
木によっては、きれいな色付きも♪


三門の上へ、急な階段で上れて、
上った楼上の回廊は、こんな感じになってて、
ここから写真を撮りました

b0324291_00360873.jpg



















南禅寺の山門は「三門」と書きます

三門とは
空門・無相門・無願門の意味で
仏教修行の三解脱を表します

三門は、22メートルの高さ
日本三大門の一つだそうです


回廊を、ぐるっと一周して^^
奥の法堂への眺め

b0324291_00361109.jpg
こちらも紅葉はちらほら

三門の横の天授庵
庭園が綺麗に色付きだしてました

b0324291_00360635.jpg



















三門からの眺めをゆっくり楽しみました♪



ブログランキングに参加してます。
クリックして頂けると嬉しいです♪


[PR]
# by umitosora14 | 2014-11-05 23:52 | 旅行、お出掛け | Comments(6)

平安神宮の朱色 @京都

b0324291_23454527.jpg


















▲ 朱色に映える釣り灯篭



京都ツアーの続きです
平安神宮を訪ねました


11月なので七五三詣での可愛い着物姿もちらほら
結婚式の記念撮影の姿も見られて、
幸せのお裾分けを頂いて^^


b0324291_23454250.jpg

















この龍の手水の向こうは、広い境内です
奥の中央に見えるのは大極殿で、
さらにその奥に本殿があります


b0324291_23454339.jpg



















この龍の反対側には
白虎の手水

b0324291_23453995.jpg



















平安神宮は、平安遷都1100年を記念して、明治28年に創建
平安京遷都当時の大内裏の一部復元をしたものです

当時の京都は、幕末の動乱で荒廃し、
明治維新で首都が東京に遷都してしまって
人々の心は、大きな打撃を受けていました
京都復興の思いが込められて、
平安神宮が創建されたそうです



大極殿で参拝しました
この大極殿の前には、
御所と同じく桜と橘の木が植えてあって


b0324291_23454607.jpg


橘の実がたわわに♪
雨上がりでさらに瑞々しく


b0324291_23454713.jpg



















京都は、山々に囲まれた盆地なんですよね
蒼龍楼の後ろの山が、低い雲に煙っていて、
それも風情を醸し出してます^^


b0324291_23454877.jpg
















平安神宮の奥には、
今回は入りませんでしたけど、
約1万坪の平安神宮神苑が広がってます


神社入口の応天門から外を見ると
道路の向こうに
大鳥居の朱色が鮮やか

b0324291_23454177.jpg





















雨上がりの京都も
しっとりとした感じで良いものです♪



京都巡りは、まだ続きます^^





ブログランキングに参加してます。
クリックして頂けると嬉しいです♪


[PR]
# by umitosora14 | 2014-11-04 01:24 | 旅行、お出掛け | Comments(12)
b0324291_15502699.jpg


















▲ 御所の秋


昨日の3連休初日に
京都御所一般公開を訪ねる日帰りバスツアーに
友人と行って来ました

上の1枚は、御所に飾られていた生け花です


御車寄の屋根にも
菊の紋章が鮮やかに

b0324291_15502294.jpg


















この牛車の中は、たたみ3畳の広さ
前から乗り
後ろから降りるそうです

b0324291_15502572.jpg




















御車寄は、昇殿を許された者が
正式に参内するときの玄関

そして、参内した者が通される控えの間は
身分によって、異なった部屋
格の高い順に
「虎の間」、「鶴の間」、「桜の間」

虎の間の襖絵です

b0324291_15502334.jpg


















朱塗りの扉の向こうに見えているのは


b0324291_16410384.jpg



重要な儀式を執り行う紫宸殿(ししんでん)


b0324291_15503030.jpg



















前面には白砂の南庭(だんてい)が広がってますが、
一般公開なので、縄で区切って、
通路分は広く掃き寄せてありました

写真の木は西側の「右近の橘」
ほんの少し写ってるのが、東側の「左近の桜」が植わってます

何段もの階段の上に


b0324291_15502787.jpg


中央に天皇の御座「高御座」(たかみくら)


b0324291_15502877.jpg



















広い敷地をゆっくり歩いて
見学していきます
あちこちに警備の人の姿が有りました

もみじが少し色付いて


b0324291_15503223.jpg




















御池庭(おいけにわ)
回遊式庭園です


b0324291_15503199.jpg


















水面に綺麗に写りこんでました


いろいろな建物、庭園、襖絵など見学
その中でも私が一番好きなのはこの襖絵です



b0324291_16190370.jpg



















広い敷地です

木々も少し色付いて秋の風情


b0324291_16181562.jpg



















秋の京都御所をたっぷり味わいました


最後の1枚は
駐車場で見かけたもみじ

細かいもみじ葉が綺麗な緑色でした


b0324291_15502127.jpg



















これが紅葉したら、さぞ見事でしょう
京都の秋は、まだ始まったばかりです


この後も京都巡りは続きます






ブログランキングに参加してます。
クリックして頂けると嬉しいです♪


[PR]
# by umitosora14 | 2014-11-02 16:48 | 旅行、お出掛け | Comments(12)