毎日の生活の中に素敵なショットを見つけていけたら嬉しいです。


by umi

タグ:神社仏閣 ( 44 ) タグの人気記事

金と黒と朱色

b0324291_01104627.jpg



日光の社殿の見所
東照宮だけって思いませんか?

東照宮を囲むように
日光山輪王寺 があるんですよ

日光山のたくさんお堂や寺院をまとめて輪王寺っていいます
その中の、大猷院(たいゆういん)を訪ねました


東照宮から大猷院本殿にいくには
長い参道の先の
階段を上って、仁王門
また階段上って、二天門
また階段上って、最後に夜叉門

夜叉門は
4体の夜叉が守ってます


b0324291_01104467.jpg


この青い夜叉は、烏摩勒伽(うまろきゃ)



この青い夜叉にまつわる2つのコト^^


1つは、破魔矢の発祥

手に弓矢を持ってます
(むかし、弓を放って悪いものを払う行いをする習わしがあったとか)


もう1つは、膝小僧の由来

この青い夜叉のひざを見て頂けます?
象のひざあてをしてます^^(笑)





b0324291_01105086.jpg



徳川三代将軍「家光」をお祀りする霊廟です。

家光は、家康をとても尊敬してて
家康を祀る東照宮より華やかであってはいけないと
白を使わないようにと命じ

黒と金を基調にした厳かな造り


でも、白を使わないって。。。

わたしには、金と黒、そこに朱色があって
かえって荘厳さが素晴らしく感じます^^;(笑)



b0324291_01104877.jpg


朱色の獅子もここだけのもの


この本殿にはいると
まさに金箔の世界♪
 狩野探幽の唐獅子の絵も^^




大猷院(たいゆういん)

色々見所も多く
金と黒と朱色がとても厳かで素晴らしい


もしお時間があったら
ぜひこちらもお訪ねくださいね~、お薦めです^^



(2017.5.5 大猷院にて 栃木県日光 )





いつも見て頂いて
ありがとうございます^^


[PR]
by umitosora14 | 2017-06-08 08:00 | 旅行、お出掛け | Comments(16)

眠り猫♪

b0324291_08544412.jpg


うとうと眠る猫

いやいや、これは隙あらば跳び掛ろうと
身を潜めてる姿だとも


どちらがほんとなのか
知ってか知らずか

眠り猫のいる門
その門の反対側には


b0324291_08543596.jpg



楽しげに遊ぶ雀の姿(笑)

猫に気をつけてね~!





ずっと昔
中学校の修学旅行で日光訪ねて
その時の記憶で
いちばん印象に残ってるのが
この眠り猫ちゃん(笑)

修復で、ぴかぴかになってました^^




それから

この前、陽明門を記事にしましたけど
唐門(からもん)も有名


b0324291_08543859.jpg



こちらは、金と白と黒が印象的
繊細な彫が素晴らしいです


b0324291_08544214.jpg



わたしは、色彩華やかな陽明門より
唐門のほうが好みです^^


この唐門に続く
透塀もみごと

b0324291_08544056.jpg



この唐門と透塀に囲まれた中は
撮影禁止ですけど
御本社(ごほんしゃ)

その建物の中に、家康を祀る本殿
本殿は見ることも出来ませんけど
白檀で造られてるそうです


白檀の浄化された
芳香に包まれているそうです





(2017.5.5 日光東照宮 栃木県)






いつも見て頂いて
ありがとうございます^^


[PR]
by umitosora14 | 2017-06-06 09:39 | 旅行、お出掛け | Comments(8)

京の春*大石神社

b0324291_20550457.jpg



山科にある大石神社

桜に包まれ
ひっそりと佇む


b0324291_20550602.jpg



忠臣蔵で有名な大石内蔵助を
祭った神社です

赤穂城を明け渡した後
この辺りに隠れ住み
同志たちと討ち入りの策を講じたそうです




b0324291_20551825.jpg



翌年
ひそかに江戸に集まり
妻子と離縁した後
12月の深夜に
あの討ち入りを果たしました




b0324291_20550185.jpg




今は静かに
見事な桜に包まれてます




b0324291_20552027.jpg




現地の方に教えて頂いた大石神社

訪れる人も少なく
静かに
春の時が流れていました



(2017.4.8 大石神社にて 京都)





いつも見て頂いて
ありがとうございます^^


[PR]
by umitosora14 | 2017-04-14 21:21 | 旅行、お出掛け | Comments(4)

京の春*霊宝館

b0324291_01263550.jpg


桜の周りには
人が集う



b0324291_01263711.jpg


手を広げたように
咲き



b0324291_01263909.jpg



降るように咲く

桜雨の下
傘をさして愛でる


b0324291_01263348.jpg



桜雨の日です




こちらの霊宝館の
いろいろな種類の桜を描いた巻物
「倭花名品」(やまとばなめいひん)

精密に、そして美しく描かれてて
やっぱり素晴らしい♪





いつも見て頂いて
ありがとうございます^^


[PR]
by umitosora14 | 2017-04-13 07:30 | 旅行、お出掛け | Comments(16)
b0324291_22594964.jpg



醍醐寺の西大門

この門に通じる道には
大きな桜の木が連なってます

醍醐寺の中でも
この門と桜の取り合わせ
お気に入りです^^



b0324291_22595176.jpg



この門をくぐって進んでいくと
五重塔が姿をあらわし

傘の上に
そびえる五重塔
なので、上の方だけ切り取ってみる(笑)




b0324291_22595529.jpg



雨に濡れた風情を
味わい^^




b0324291_22594487.jpg




西大門に戻るときに見える
この額縁♪
お気に入りスポットです^^




b0324291_22595357.jpg




そして、門を抜けると


傘の花と桜の花の
見事な競演がひろがってました(笑)



b0324291_22594648.jpg




醍醐寺はもう一箇所
続きます^^



(2017.4.8 醍醐寺にて 京都)




いつも見て頂いて
ありがとうございます^^


[PR]
by umitosora14 | 2017-04-11 23:26 | 旅行、お出掛け | Comments(14)

圓明寺のしだれ桜

b0324291_02122549.jpg



犬山まつりの日
桜情報で、ここだけが満開だった

お寺の門の向こうに見える桜に
期待が嬉しさに♪



b0324291_02122712.jpg


空も晴れてきて
青い空に浮かぶよう


b0324291_02122923.jpg



力強い枝ぶり


b0324291_02122396.jpg



ただひたすら
シャッターを重ねる


b0324291_02122156.jpg



桜色に染まるお寺



b0324291_02123233.jpg



桜のある景色は
ただ美しい


b0324291_02123469.jpg



屋根の上から
来る春ごと、桜を愛でるんでしょう

いかめしい顔が微笑んでいるようです^^




圓明寺(えんみょうじ)のしだれ桜
樹齢300年です


(2017.4.1 犬山まつりにて  愛知県)




いつも見て頂いて
ありがとうございます^^


[PR]
by umitosora14 | 2017-04-07 07:00 | 花、自然 | Comments(14)

龍潭寺を訪ねて

b0324291_12181287.jpg



築山と植え込みと池
季節ごとに緑溢れたり、さつきが彩る

小堀遠州作の禅寺の庭は
今は、枯れた佇まい
しみじみとした風情です^^



b0324291_12181454.jpg



b0324291_12181920.jpg





b0324291_12181686.jpg




ここ龍潭寺は、井伊直虎のゆかりの寺
井伊家の菩提寺です


ご神木の「なぎの木」

幼い虎松(万千代、後の直正)の無事成長を願って
直虎が、植えた木です




b0324291_12493668.jpg




龍潭寺のある井伊谷(いいのや)
古くは「井の国」と言われてて

水にまつわる伝説も

お寺に近い田んぼの中に
「共保出生の井戸」



b0324291_12182152.jpg



平安時代に
井伊家の祖・共保がこの井戸の側で
生まれたとされてます

大河ドラマにも何回も登場してますね
で、やっぱり小銭が投げ込まれてます(笑)




b0324291_12182313.jpg



天白磐座遺跡(てんぱく いわくらいせき)

渭伊神社(いいじんじゃ)の裏山、
薬師山の山頂に位置する巨石群からなる祭祀遺跡



b0324291_12181069.jpg



パワースポットらしいです
ここも、大河ドラマに登場してるようです




この前の三連休
日帰りで浜名湖の辺りへドライブしました


大河ドラマの井伊直虎のゆかりの地めぐりと
フラワーパークと、温泉へ


大河ドラマの人気で
多くの人が訪れてました^^





いつも見て頂いて
ありがとうございます^^


[PR]
by umitosora14 | 2017-03-25 13:23 | 旅行、お出掛け | Comments(8)

伊勢神宮*外宮

b0324291_16281930.jpg



伊勢神宮の外宮です


外宮が祀ってるのは、
豊受大御神(とようけのおおみかみ)
再認識しました^^;(笑)
内宮の天照大神のお食事を司る神さまです

外宮には別宮が4つあって
その内の3つも参拝
正宮の写真はありませんけど、別宮だけ


土の宮

b0324291_16281473.jpg


風の宮


b0324291_16281728.jpg



外宮も
伊勢神宮らしい神聖な趣き

多くの人が参拝に来てました


b0324291_16281257.jpg



外宮を訪ねてから内宮参拝
それが、本来の姿
ですが、こちらを訪ねたのは、もう記憶に無いほど昔。。。
内宮ばかり参拝をしていました(笑)


そして、今回、初に訪ねたもう一つが
敷地内の「せんぐう館」

式年遷宮のことなど
いろんなことが知れて、お薦めです♪
遷宮の際には、中に納める装束なども全て造り替えます
それが、また、ほんとに見事で美しくて
正殿の実物大の模型もあって、その姿も初めて目にして(笑)

こちらは、その「せんぐう館」の前の
「まがたま池」



b0324291_16281160.jpg


水鳥がゆったりと過ごしてました
季節には花菖蒲が美しいらしい


b0324291_16281044.jpg


正殿の柱、いちばん中心の太い柱は
なんと300年ほどの檜だそうです

20年毎の式年遷宮に使う1万本ほどの檜
その檜を守り育てる、気の遠くなる営み
昔は神宮宮域林を使い、
用材の不足から、鎌倉ごろから他の地からも調達
今は、遷宮ごとに、木曽の国有林から切り出してます

なん世代にも渡って、育て守っていかないと叶わない式年遷宮
何百年後のために檜を守り育てる日々
遥か昔からの建築技法も、
全てを次の世代へと繰り返し伝承

1300年前から20年ごとの式年遷宮。。。


「伊勢の森の中には
世界で一番古くて、新しいものが存在している」


ほんとに、そうだと感じました






(2017.3.5 伊勢神宮 外宮  三重県)


いつも見て頂いて
ありがとうございます^^


[PR]
by umitosora14 | 2017-03-12 18:13 | 旅行、お出掛け | Comments(18)

常寂光寺

b0324291_01210261.jpg


常寂光寺(じょうじゃっこうじ)

山門をくぐり
上へとつづく階段に
初めて気付く

ここは、山寺(笑)
小倉山の中腹です


仁王門にかかる紅葉の
鮮やかなこと


b0324291_01205651.jpg


境内の案内板
展望台の文字に惹かれ

階段を上っていっても
なかなか行き着けない

1日歩き回って疲れてる
途中からでも、京都市内が見える
もうここで十分と、誘惑に駆られそうに(笑)




b0324291_01205878.jpg


でも。。。
もし次に来ることがあったとしても
その時は、階段を上るのは、
きっと今よりもきつくなってる><

上まで行って見たいなら
今しか無いでしょ^^;


頑張って
階段を上りました(笑)

って、そこまでのすごい階段
って訳じゃないですけどね^^;



b0324291_01210097.jpg


展望台に立つと

眼下に広がる京の都
遠く山々に囲まれ

夕暮れ色が
静かに包んでいきました





(2016.11.23 常寂光寺にて 京都嵯峨野)



いつも見て頂いて
ありがとうございます^^


[PR]
by umitosora14 | 2016-12-18 07:30 | 旅行、お出掛け
b0324291_22264597.jpg


宝筐院の紅葉
本堂からの眺めです


本堂には
ひとりで過ごす姿が
あちこちに。。。


b0324291_22264733.jpg




紅葉を前に
独りの想いに沈む
。。。?



b0324291_22264253.jpg




どちらの人も
スマホに目を落としてる

紅葉を前に
だれかの想いを読んでいるなら
だれかに想いを伝えてるなら
いいナ^^;
(ゲームじゃないよね><)


こじんまりとした
回遊式枯山水の庭園は
紅葉で染まってました


清涼寺の近くです



(2016.11.23 宝筐院にて 京都嵯峨野)



いつも見て頂いて
ありがとうございます^^


[PR]
by umitosora14 | 2016-12-17 07:30 | 旅行、お出掛け | Comments(10)