毎日の生活の中に素敵なショットを見つけていけたら嬉しいです。


by umi

秋桜につつまれて

b0324291_00453938.jpg



秋桜につつまれて
いろいろな人が行き交う

それぞれのドラマを繰り広げながら




b0324291_00453593.jpg



そして、やっぱり
カレカノ♪



b0324291_00453784.jpg



来年もふたりで
秋桜の想い出を重ねていってくれると良いナァ


な~んて、他人事ながら
願ってしまうんですよね(笑)




いつも見てくださって
ありがとうございます^^


[PR]
# by umitosora14 | 2017-10-21 08:00 | 花、自然

高い塔から

b0324291_01100113.jpg




聖シュテファン大聖堂
ウィーンの街の真ん中に大きく聳えてます

近すぎて
全体が写ってません^^;


b0324291_01094691.jpg



のぼれる塔が2つ
背の高い南塔は、階段
背の低いほうの北塔は、エレベーター


b0324291_01094889.jpg


迷うことなく
北塔へのエレベーターを探す(笑)


そして、ガタゴトとエレベーターで
塔の上へ


b0324291_01095004.jpg


b0324291_01095274.jpg



施彩タイルの屋根が目の前!

ウィーンの街も一望です^^



b0324291_01095507.jpg


下の広場の人たちが
なんて小さい♪



b0324291_01095752.jpg


b0324291_01095922.jpg





ランチの後、夕方まで
フリータイムを楽しみます^^






(2017.8 聖シュテファン大聖堂にて ウィーン)




いつも見てくださって
ありがとうございます^^


[PR]
# by umitosora14 | 2017-10-20 08:00 | 旅行、お出掛け

ちらばる

b0324291_23370836.jpg




緑の中に
色がちらばる




b0324291_23371096.jpg






b0324291_23370558.jpg




ちょっとだけの色
   差し色の魅力(笑)





いつも見てくださって
ありがとうございます^^



[PR]
# by umitosora14 | 2017-10-18 23:47 | 花、自然 | Comments(18)
b0324291_01580401.jpg


ウィーンの旧市街地は
リンクと呼ばれる全長4kmほどの環状道路に囲まれてる


「観光バスはリンク内に入れませんので
ここから、ランチのお店まで歩きます!」
と案内される



えっ?!この細い階段の道?
面白そう~^^




b0324291_01580607.jpg



細い石畳を進んでいくと
お店に着きました


b0324291_01575756.jpg



「グリーヒェンバイスル」
1447年創業
ウィーン最古のレストランらしい

ベートーベン、シューベルト、ブラームス、ワーグナーなどが訪れているとか。



b0324291_01575993.jpg



通された部屋は
ちょっと薄暗くて狭いけど、好きな雰囲気♪


メイン料理の
ウィンナー・シュニッツェルが運ばれてきて
唖然@@


お皿から、はみ出してる(笑)


b0324291_01580047.jpg


カツレツです
お味は良いし、油っぽくもないんですけど
ただ、大き過ぎ^^;

ぜったい一人分じゃないでしょって感じ
半分も食べきれず><




デザートはアップルパイって聞いてたけど
これまたね、大きいの;;


b0324291_01580210.jpg


煮たアップルの刻んだのが、どっさり

甘さも程好く、美味しいんですけどね
あのカツレツの後じゃなければ、喜んでなんですけど^^;


ウィーンの人たち
この量を平気で食べちゃう?
それほど太った人は見掛けなかったけど^^?




わたしがここに住んだら
確実に太るって思いました^^;



(2017.8 グリーヒェンバイスルにて ウィーン)




いつも見てくださって
ありがとうございます^^


[PR]
# by umitosora14 | 2017-10-17 07:30 | 旅行、お出掛け | Comments(20)

探す

b0324291_21262915.jpg




愛すること
家族への想い



それを深く感じる映画を見てきました

「ライオン 25年目のただいま」

インドに生まれた5歳の男の子
迷子になり、数奇な運命で養子として遠くオーストラリアで育つ
そして、幸せに成長した彼は、Google Earthと出会い、
おぼろげな記憶を頼りに、ついに、25年ぶりに生まれた家を見つけ出し、生母と再会をはたす
という、実話の物語り


2012年に驚愕のニュースが流れたそうですが、
私は知りませんでした



大人となっても、生き別れた母や兄への想いは、
幸せな生活の中でも消えることなく
でも、その想いは、養母を裏切ることになると苦しむ姿

遠い5歳の記憶は、あまりにも不確かでかすかなもの
Google Earthで見つけるというのが今だからこそですが、
たぶん、それがなければ、見つけ出すことは叶わなかったでしょう



5歳の男の子の演技も
ほんとに素晴らしい!

肉親を想う気持ち、
養母と養子の間の深い愛

そして、25年ぶりの奇跡的な再会
これが実話というのがほんとに驚きです

とても心に響く映画でした


機会がありましたら
ぜひご覧くださいね




そうそう、今も上映中の
「僕のワンダフル・ライフ」
犬の転生、しかも犬目線という斬新な映画ですけど
とても良かったです
こちらも、お薦めです^^




いつも見てくださって
ありがとうございます^^


[PR]
# by umitosora14 | 2017-10-15 22:16 | 花、自然 | Comments(20)