「ほっ」と。キャンペーン

毎日の生活の中に素敵なショットを見つけていけたら嬉しいです。


by umi

<   2014年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧

バスの旅 @トルコ

b0324291_22181250.jpg

▲  バスの車窓から♪


トルコは広いです
1つの町から、次の町まで
ひた走ってもなかなか到着せず^^;

窓の外には
岩山の山並みと、広がるなだらかな大地
空は青くて
雲が影を落として


途中のサービスエリアで休憩タイム

ここのサービスエリアでは
ヨーグルトに蜂蜜とたっぷりの芥子の実を乗せたのが名物とか


b0324291_22181496.jpg



















ぐちゃぐちゃって混ぜて、頂きます
美味しいです♪

ヨーグルトはトルコが発祥なんですって
それがブルガリアに伝わって
今では、そちらが有名になってしまってますが^^;


それと、オレンジジュースも頂きます♪

b0324291_22181650.jpg





















半分に切ったオレンジをセットしては
ぎゅっと絞って
濃厚な新鮮なオレンジジュース
とっても美味しいです♪

そうそう、トルコは食料自給率は100%
欧州にも輸出しているぐらいです
羨ましい限りです・・・

特産品は数多く、
ざくろ、ピスタチオ、蜂蜜、小麦・・・
たくさん世界何位のものを聞きましたけど、忘れてしまって^^;

あと、オーガニックも多くて
元は貧しくて、農薬が使えなかったからだそうですが、
今では、オーガニックのものが重宝されるので、
ヨーロッパに多く輸出してるとか。


そのサービスエリアで咲いていた黄色い花
とっても綺麗でした^^

b0324291_22180988.jpg

休憩の後は、また延々とバスは走って

バスは、半島の中央部のカッパドキアやコンヤを出て、
半島の海側へ
エーゲ海に面した方に向かいます
海に近くなっていくと、
気候も変わっていって、だんだん緑も増えます


また、白い塩湖が広がりました

b0324291_22181050.jpg

















塩の精製工場も見かけました

この湖、フラミンゴの生息地でもあるとか
見てみたかったけれど、気配もなくて残念^^;


次は、バムッカレに向かいます^^




ブログランキングに参加してます。
クリックして頂けると嬉しいです♪


[PR]
by umitosora14 | 2014-10-31 23:17 | 旅行、お出掛け | Comments(10)
b0324291_22451184.jpg


















▲ メブラーナに咲く赤い薔薇


トルコ旅行記の続きです

カッパドキアを後にして広い大地をひた走り


b0324291_22494198.jpg


















古都コンヤへ

コンヤは、11世紀から13世紀ごろ
セルジュークトルコの首都になったこともある都市です

まずは、インジェ・ミナーレ神学校


b0324291_22450094.jpg

イスラム教の神学校です
尖塔のブルーのタイルが美しく
建物のアラビア文字と幾何学文様の透かし彫りが素敵でした

神学校前の歩道です


b0324291_22450120.jpg



















黒い衣装をまとった女性が多かったです
のんびりとした雰囲気



次に、メヴラーナ博物館へ

b0324291_22450354.jpg


















やはり尖塔の緑が目にも鮮やかです

もともとはメヴラーナ教の総本山ですが
今のトルコ共和国の政教分離の政策で
メヴラーナ教は解散となり、今は博物館となってます


b0324291_22450459.jpg

建物の中は写真禁止なので外観だけ
中には棺や、大小様々なコーランが展示され
金の装飾やステンドグラスで華やかさも

参拝前に身を清める人たち

b0324291_22450513.jpg


















日本のお手水と同じですね
手と足と顔などを清めるそうです


b0324291_22450821.jpg


















昔、この教えに入った人は
慎ましやかな暮らしを


独居の部屋がずらっと並んでます
小さな独り部屋に小さな格子窓

b0324291_22450978.jpg




















模型展示の部屋で、生活が紹介されてました

語り合う教徒たち

b0324291_22450720.jpg


メヴラーナ教は、イスラム教のイスラム神秘主義の1宗派
音楽と踊りで神と一体化する旋舞(セマー)が有名です

白いラウンドスカートのような衣装を身につけて
何時間もただくるくると旋回して
陶酔状態になって神と一体化するという

b0324291_22451281.jpg

上の写真は近くの街頭で見かけたもの
この旋回踊り(セマー)は、教団の解散と旋回舞踏の禁止で行われてません
ただ、12月に行われる追悼セレモニーでだけ行われるとか


この教団の創始者メヴラーナは
教本をいくつも刊行し、愛と知識を尊ぶ思想家でもあり、
欧州では有名らしいです


中でもメブラーナ7つの教えが有名とか


人助けや奉仕の心は、惜しむことなく、流れる川のように・・

情け深さと優しさは、太陽のように・・

他人の落ち度や秘密には、夜のように・・

苛立ちや怒りには、死人のように・・

慎み深さは、大地のように・・・

寛大な心は、海のように・・

自分らしく生きるか、さもなければ、外見通りの人間になりなさい。




宗教、とりわけイスラム教は
どうしても過激な面が目に付いて敬遠しがちになりますが・・・

その宗教も一律でなく、いろいろな宗派があり
その中の教えには
良いものもあるのですね






ブログランキングに参加してます。
クリックして頂けると嬉しいです♪


[PR]
by umitosora14 | 2014-10-29 23:48 | 旅行、お出掛け | Comments(6)

青空とススキ

b0324291_00095758.jpg


▲ 秋の風情に


紅葉ドライブしながら
私が探していたもう1つ撮りたかった秋は
ススキです

持っていたレンズは単焦点
撮りやすい場所で、陽が当たるススキというのが
なかなか見つからず


b0324291_00095515.jpg


家の近くにススキは無いんですよね・・・

ススキを撮りたいと言う私
呆れ顔されつつ撮影


b0324291_00095651.jpg



















群生するススキは撮れなかったけれど
光るススキが見れて
ちょっと満足♪

あとは・・・腕をあげなくては^^;




ブログランキングに参加してます。
クリックして頂けると嬉しいです♪


[PR]
by umitosora14 | 2014-10-28 23:58 | 花、自然 | Comments(12)

山の錦を味わって

b0324291_02583328.jpg



















▲ 気持ちの良い錦の山♪


信州へのドライブの続きです

ここは茶臼山高原
愛知県と長野県の県境にある山です

ここも見事な紅葉♪
赤に黄色に緑も混じって錦のようです


b0324291_02583992.jpg



















富士見台高原から茶臼山高原へのドライブ

見晴らしが良かったり


b0324291_02584522.jpg



















道沿いも、紅葉が味わえて


b0324291_03141135.jpg


秋の風情が味わえました


b0324291_02584985.jpg



















この一帯はどこを走っても
色付いた木々が迎えてくれて^^


もしかしたら
今までで、いちばん紅葉に包まれたドライブだったかも♪
お天気と紅葉のタイミングに感謝の1日でした








ブログランキングに参加してます。
クリックして頂けると嬉しいです♪


[PR]
by umitosora14 | 2014-10-28 07:08 | 旅行、お出掛け | Comments(8)

紅葉をもとめて♪

b0324291_22405397.jpg



















▲ 紅葉に包まれて


この週末に信州へ行ってきました


紅葉してるかもと
まずは、富士見台高原へ

冬にはスキー場になる「ヘブンスそのはら」
ロープウェイに乗ると
木々の鮮やかな紅葉の中を進みました

b0324291_22405465.jpg


















天気も良く、紅葉は見頃♪
ほんとに良いタイミングだったねとハイテンションに^^

山の上について散策
寒いかもと厚手の上着を用意してましたが
まったく寒くなく、拍子抜け^^;


千日紅も綺麗に咲いていて


b0324291_22405211.jpg

















散策後にレストハウスでしばし休憩
林檎のソフトクリーム、美味しかったです^^

レストハウス脇のもみじ
鮮やかに色付いて


b0324291_23433927.jpg


















鮮やかな紅葉って撮るの難しいものですね
紅葉の景色も、
なかなか綺麗な色が撮れなくて

試行錯誤
設定をいろいろ変えても
撮りたい感じに撮れなくて、技術不足を痛感

まだまだ、研究しなくちゃと反省しました^^;






ブログランキングに参加してます。
クリックして頂けると嬉しいです♪


[PR]
by umitosora14 | 2014-10-26 23:56 | 旅行、お出掛け | Comments(16)

青空に向かって

b0324291_23560229.jpg



















▲ 青空へのびて



ぐずついたお天気が続いてましたけど
明日からは晴れの予報


b0324291_23561501.jpg



















お花たちも
青空に向かって、秋の陽射しを楽しんで



b0324291_23560875.jpg


実りの秋、文化の秋、読書の秋、スポーツの秋
はたまた食欲の秋^^


みなさま、
素敵な休日を過ごされますように・・・




ブログランキングに参加してます。
クリックして頂けると嬉しいです♪


[PR]
by umitosora14 | 2014-10-25 00:07 | 花、自然 | Comments(12)

しっとりと秋桜♪

b0324291_23174730.jpg

▲ 柔らかく咲いて



愛知牧場のコスモスです

木陰に咲いていたコスモスは
柔らかなしっとりとした風情



b0324291_23174886.jpg


木漏れ日が秋桜に・・・



b0324291_23174624.jpg


柔らかなしっとりとした秋桜も
素敵です♪





ブログランキングに参加してます。
クリックして頂けると嬉しいです♪


[PR]
by umitosora14 | 2014-10-24 00:37 | 花、自然 | Comments(4)
b0324291_01562520.jpg



















▲ 岩山を見晴らして


トルコ旅行の続きです

広がる岩山の眺めの良いレストランで食事をしました
食後、庭から眺めを楽しみ

手摺りには葡萄が鮮やか

b0324291_01562646.jpg


ここは、鳩の谷です

b0324291_01564976.jpg



















岩肌に細かい小さな穴が無数に
鳩を飼うための穴です

昔、岩山に住む人たちは
伝達の手段として鳩を使い
多くの鳩を飼っていたそうです


ムクゲが咲いていました

b0324291_01562462.jpg




















ウチヒサールの要塞です
頑張れば登れるそうで
岩のてっぺんのちっさなトルコの旗と人影、分かります?


b0324291_01562773.jpg


ウチヒサールはカッパドキアの中でも高い位置の村
この要塞の岩山は、遠くからも見えました

ウチヒサールにもいた伝書鳩たち


b0324291_01564607.jpg



















コスモスも綺麗に咲いてます


b0324291_01562260.jpg

ウチヒサールの要塞を背景に
写真を撮る新郎新婦♪


b0324291_01564755.jpg




















トルコでは夏に結婚式をあげる風習があります
そして、観光地で記念撮影するのが流行っているようです

幸せそうな2人
私たちも幸せのおすそ分けを頂きました^^






ブログランキングに参加してます。
クリックして頂けると嬉しいです♪


[PR]
by umitosora14 | 2014-10-23 07:21 | 旅行、お出掛け | Comments(10)
b0324291_01301692.jpg


















▲ 向日葵が似合う町


トルコの旅の続きです

ギョレメの町を散策しました
目指したのはスーパーですけど^^;

ホテルから歩くこと10分ぐらい
町に出ました
歩道には、向日葵がたくさん咲いてました


トルコ絨毯のお店が並んでます

b0324291_01301052.jpg



















トルコは、絨毯が名産品です
トルコ絨毯は、ダブルノット(2本の縦糸に結ぶ)なので丈夫らしいです
(ペルシャ絨毯とかはシングルノット)


観光用の馬車
可愛い女の子が乗ってて^^


b0324291_01301711.jpg



















尖塔からは1日5回アザーンが流れます
アザーンとはイスラム教でモスク礼拝への誘いの歌声
今はほとんど録音のテープだとか


b0324291_01302089.jpg

アザーンの哀愁を帯びた歌声
異国にいることを実感します


町の大通りを外れると
こんな鄙びた路地が

b0324291_01301878.jpg

程よい感じに人が住んでいる感じ
こじんまりとした町です


それでも、昔、キリスト教徒は人が多過ぎると町を出て、
さらに奥の寂れた岩山に移っていきました
ビザンティン帝国時代の9~12世紀頃のこと

ギョレメの谷は
教会と修道院だけの谷です


b0324291_01301374.jpg



















ギョレメの町からは車で10分ぐらい
岩を穿って、教会や修道院がいくつも作られてます


b0324291_01301401.jpg


















岩の中は薄暗く
フレスコ画もありますが、

宗教論争や後にイスラム教が入ってきたことで
画が削られたりしてるものが多いです

修道院の食堂では
岩から削りだされた大きな長い石のテーブルが印象的
座る長いすも、もちろん岩です

点在する岩山のあちこちに岩窟教会


b0324291_01301241.jpg



















ギョレメの町からは、車で10分ほど
この地は、今は、ギョレメ野外博物館として運営されてます

昔は敬虔なキリスト教徒が
神に仕えるためのみに暮らした場所です



今日もトルコ旅行記にお付き合い頂いて
ありがとうございます^^





ブログランキングに参加してます。
クリックして頂けると嬉しいです♪


[PR]
by umitosora14 | 2014-10-22 07:20 | 旅行、お出掛け | Comments(14)
b0324291_00225094.jpg


▲ 鮮やかなオレンジに包まれて


愛知牧場には
キバナコスモスもたくさん咲いてました


b0324291_00224918.jpg




















キバナコスモスという名前ですけど
オレンジに近い感じの黄色ですね^^


b0324291_00224778.jpg




















青空を背景に
鮮やかに咲いてました


b0324291_00225215.jpg



















見ていると
元気がもらえます^^




ブログランキングに参加してます。
クリックして頂けると嬉しいです♪


[PR]
by umitosora14 | 2014-10-20 23:52 | 花、自然 | Comments(10)