毎日の生活の中に素敵なショットを見つけていけたら嬉しいです。


by umi

カトン地区の街歩き

b0324291_23041988.jpg



プラナカン文化の色濃く残る地区
カトン地区を歩きました


シンガポール市街地からバスで40分ぐらい揺られ
まずは、ランチ♪

伝統的なニョニャ料理のお店
「辣椒香」(Chilli Padi)


b0324291_23041852.jpg


中華と東南アジア系をMIXしたような料理
とっても美味しかった♪



b0324291_23042113.jpg


プラナカンって
中国やインド系の人が
現地の人と結婚したその子孫のこと

その子孫たちが築き上げた
中華系とマレーの文化を融合した独自の文化

ピンクや水色やグリーンの可愛らしい色合いに
繊細な優しいデザイン♪



プラナカンの雑貨のお店ものぞいたけれど
ちょっと値も張って
眺めるだけw


b0324291_23042374.jpg



ひときわカラフルな家々が並ぶ通り
両側に10軒ぐらいづつ

なんて可愛らしい~♪



b0324291_23042556.jpg


こんなに可愛らしい色合いの家並み
どんな人が住んでるのかな♪


と、ビニール袋をぶら下げたオジサンが、
ぶらぶら歩いてくる
郵便物取り出し
ピンクの家に入っていく@@

べつにね、良いんですけどね、
何だか勝手なイメージが崩され^^;

ちょっとビックリ 笑




(2017.11 カトン地区にて シンガポール)


いつも見てくださって
ありがとうございます^^





[PR]
Commented by lovelypoodle at 2017-12-13 00:06
雑貨そのものみたいなお家ですね。
可愛すぎる~!
色んな文化がミックスされた地域なのかな・・・
この色遣いは中国とも違うし、
シンガポールだとイギリス色が強いのかな・・・
と思っていましたが、
学生時代にシンガポールの学生を家に泊めた事がありますが、その人は中国色の強い方でした。
すごい礼儀正しい人でした。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-12-13 08:26
おはようございます
おお~~~、1枚目は突然何かと思いましたよ。
シンガポールらしいオブジェですね。
4枚目、5枚目は、なんともフォトジェニック!!
しかも家が色違いで、設計は同じ。当然中の間取りも一緒でしょうね。
ヨーロッパの、どこの街だったか忘れてしまいましたが、同じ家が
何軒も長屋みたいにつながっていて、綺麗に赤、白、黄色、緑と色分けされてました。
酔っ払った父ちゃんが帰ってきて、家を間違えないようにという工夫だそうです(笑)
ハ、ハ、ハ、ビニール袋のおじさん。いえね、私から見るとイメージ通りです(^。^)
Commented by ayayay0003 at 2017-12-13 13:57
こんにちは^^
カトン地区、パステル調の住宅が並んでいるのに
ビックリ~(^_-)-☆
嬉しくなりますよネ(^-^)
確かにビニールのおじさんはイメージじゃないかも?(笑)
こんなピンクな住宅だと可愛い女の子が出てきて欲しいかな?
プラナカンという人々のことも初めて知りました☆
私はシンガポールに行きましたが、1日だけでそれからバリ島へ飛んだので観光はほんの少しだけでした!
今度は、ゆっくりシンガポールだけ行ってみたいと思いました♪
雑貨が値をはるというのは、物価が結講高いのかしら?
東南アジアの中では、物価が高めという印象があります!
Commented by pokapoka06 at 2017-12-13 16:36
ここは、シンガポールなんですね!
パステルカラーのお家が可愛い~♡ 色々な文化が共存してる場所ってまた、違う雰囲気なんですね
確かにピンクのお家だと若い子ってイメージしちゃうからオッサン出てきたらびっくりしちゃえかも(笑)
海外の街並みも面白いですね!!
umiさんの写真みて行った気になっちゃう(*ฅ́˘ฅ̀*)♡
Commented by roseyrosey at 2017-12-13 17:53

こんなカワイイ街並みがあるんですね。
ニョニャ料理はいただいたことがありますが
プラナカン文化については何も知らず。。。
シンガポールは多民族国家なので、て伝統的な
独自の文化もあれば、ミックスされた新しい文化も
生まれていて、島国日本にいるとわからないことも
多いですね。シンガポール、また行きたくなっちゃいました^^
Commented by umitosora14 at 2017-12-13 22:27
ロンままさん、今晩は^^
コメントありがとうございます
ふふ、雑貨そのものみたいな家ですよね~♪
この色使いは不思議な感じですよね
もともと華僑の人たちが多かったようですけど、
マレーの文化と混じって、どの風土と混じって独自の文化になったんでしょうね
中国色は強いと思います
中国語がかなり通用する社会ですし、表記も多いです
ちょっと驚きました^^
イギリス色は、あまり感じませんでした^^;
Commented by umitosora14 at 2017-12-13 22:32
旅プラスさん、今晩は^^
コメントありがとうございます
1枚目、ビックリしますよね~^^;
こういう飾りが、店先にぶら下がってて。
面白いなぁって感じました^^
ヨーロッパのカラフルな街並み。。。
わたしが思い浮かぶのは、デンマークのニューハウンの街並みかなぁ?
酔っ払って家を間違わないための色使いなら、
このオジサンもしっくりですね! 笑
Commented by umitosora14 at 2017-12-13 22:41
アリスさん、今晩は^^
コメントありがとうございます
そうでしょう?こんなに可愛らしい家に、ビニール袋をぶら下げたオジサン?!って 笑
この家並み、カラフルだけじゃなくて、
優しい細かな模様も描かれてて、とてもメルヘン♪
伝統の雑貨は、細かな装飾が施されてて、
だから値が張るんでしょう
シンガポールも、ブランド品じゃなくて、
お土産物屋さんとかの服とか雑貨は、安かったですよ
タクシーも安かったです♪
シンガポールは、お手頃から高級品まで、いろいろありますね
また、再訪して楽しんでみてくださいね^^
Commented by berry0726 at 2017-12-13 22:43
こんな街並みがあるんですね~可愛いです!
プラナカン文化、知りませんでした。
ちょっと行ってみたいです。
お料理の写真見て思い出したけど
シンガポールで連れて行ってもらったレストラン
現地の方々で賑わってたから人気店だったと思います。
でも鶏の足の唐揚げが山盛り出てきて引きました。
「すごく美味しいから食べてね」って勧められたけど無理でした~
Commented by umitosora14 at 2017-12-13 22:45
cocoさん、今晩は^^
コメントありがとうございます
はい、シンガポールの街です
高層ビルが並んでたり、風情のある家並みがあったり、
南国の風情があったり、
シンガポールはいろんな味わいがありました^^
可愛らしいピンクの家に住むオジサン!
なんだか、そのギャップに、ちょっとビックリしました 笑
私の写真で行った気分を感じてくださって、嬉しいです*^^*
Commented by umitosora14 at 2017-12-13 22:57
roseyさん、今晩は^^
コメントありがとうございます
このカトン地区は、チャンギ空港とマリーナベイのちょうど中間くらいの位置?
ちょっと市街地から離れてますけど、
面白い街並みを味わえました^^
中華系移民の子孫の文化らしいですけど、
中華とマレーと西洋といろんな文化がmixされたんでしょうね
ずっと同じ民族の日本とは、また違う多文化の面白さですよね
はい、ぜひ、また再訪してみてくださいね~^^
Commented by umitosora14 at 2017-12-13 23:27
berryさん、今晩は^^
コメントありがとうございます
プラナカン文化、あまり知られて無いですよね~
わたしも、今回初めて知りました^^;
鳥の足のから揚げ、う~ん、私も苦手かも><
やっぱり、リアルなカタチは、
日本人には抵抗がありますよね~
きっと、美味しいんでしょうけどね^^;
by umitosora14 | 2017-12-12 23:51 | 旅行、お出掛け | Comments(12)