毎日の生活の中に素敵なショットを見つけていけたら嬉しいです。


by umi

探す

b0324291_21262915.jpg




愛すること
家族への想い



それを深く感じる映画を見てきました

「ライオン 25年目のただいま」

インドに生まれた5歳の男の子
迷子になり、数奇な運命で養子として遠くオーストラリアで育つ
そして、幸せに成長した彼は、Google Earthと出会い、
おぼろげな記憶を頼りに、ついに、25年ぶりに生まれた家を見つけ出し、生母と再会をはたす
という、実話の物語り


2012年に驚愕のニュースが流れたそうですが、
私は知りませんでした



大人となっても、生き別れた母や兄への想いは、
幸せな生活の中でも消えることなく
でも、その想いは、養母を裏切ることになると苦しむ姿

遠い5歳の記憶は、あまりにも不確かでかすかなもの
Google Earthで見つけるというのが今だからこそですが、
たぶん、それがなければ、見つけ出すことは叶わなかったでしょう



5歳の男の子の演技も
ほんとに素晴らしい!

肉親を想う気持ち、
養母と養子の間の深い愛

そして、25年ぶりの奇跡的な再会
これが実話というのがほんとに驚きです

とても心に響く映画でした


機会がありましたら
ぜひご覧くださいね




そうそう、今も上映中の
「僕のワンダフル・ライフ」
犬の転生、しかも犬目線という斬新な映画ですけど
とても良かったです
こちらも、お薦めです^^




いつも見てくださって
ありがとうございます^^


[PR]
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-10-15 22:38
こんばんは
「ライオン」は2月の旅行時に、JALの機内映画で見ました。
どんな映画か分からずに、「ライオン」というタイトルに惹かれて見始めたら、
5歳の男の子が列車で遠くに運ばれてしまうので、真剣に観てしまいました。
映画館で泣くことはないのですが、機内は真っ暗なので、涙腺がゆるくなります。
最後の生母との再会では、ボロボロと涙が出てしまいました(^。^)
今年は、それ以外は一度も泣いたことはないので、
あれが、自分の1年分の涙でした(^。^)
Commented by kshiozaki19910512 at 2017-10-15 22:53
こんばんは^ ^

私もそのニュース知りませんでした。
映画観てみたいです!
最近は映画館で映画ってなかなか観る機会がなくて・・・
しばらく雨続きのようなので映画鑑賞も良いかもしれませんね。

それから↓の記事。
我が家もたま〜に主人と一緒に出かけるのですがいつも待たせてしまっています。
撮っている私の姿を見るのも面白いっ言われるのですが・・・笑
やっぱり一人でゆっくり行くのが良いですね(^_−)−☆


Commented by berry0726 at 2017-10-15 23:05
その映画見たいと思ってました。実話ですよね。
テレビで紹介されているのを見て「こんなことってあるんだ」と思いました。
ちょっと違うけど中国残留孤児の方達も同じですよね。
先日山崎豊子さんの「大地の子」に費やした数年間の話をテレビで見て
もう1度見たいと思いました。
親子の愛って実の親も育ての親も変わらず深いですよね。
ピンクのコスモス、とても可愛いです^^
Commented by lovelypoodle at 2017-10-15 23:27
ライオン 25年目のただいま
ここでそのお話を聞いただけでも見たいです~
私映画を見ると、つい泣けて来る~
きっとこの映画も泣きそうですね。
そして僕のワンダフルライフも見たい~
最近映画は一人で見る!んですが、
一人でぼろぼろ泣いています。。。
Commented by yocomilk at 2017-10-16 09:39
おはようございます。
ぜひ!見たい!
泣けちゃいそうですね。
なかなか映画館に行く時間が取れないのですが、
umiさんは本も映画もちゃんと時間を取っていて、
尊敬します。
尚且つ素敵な写真もたくさん撮っていらっしゃる!
私ももっと芸術の秋しよう!って思いました。
Commented by nekoyama1002 at 2017-10-16 12:34
そんな話があったとは・・・。
google earthで探すなんて・・・。すごいなぁ。
映画見てみたいです。
犬の映画は予告だけで泣いちゃいました(^_^;)
Commented at 2017-10-16 14:29
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by marucox0326 at 2017-10-16 17:14
こんにちわ。

私も旅プラスさんと一緒で、この映画機内で観ました。吹き替えでしたが
公開時も、話題作でしたけど見逃していたので。
主演のデイブ・パテル(「スラムドッグミリオネラ」の主人公を演じていた)
が、彼もまたインド系イギリス人なので、主人公にシンパシーを感じ
是非やりたいと監督に頼み込んで得た役柄だそうですよ。

クリムトの絵画も実際にご覧なったんですね。羨ましい。
私はこの「kiss」の絵がプリントされた紅茶の缶は、二つも持ってるんです。
中欧を旅した友人からお土産にいただきました^^
Commented by umitosora14 at 2017-10-16 19:14
旅プラスさん、今晩は^^
コメントありがとうございます
映画の「ライオン」ってタイトルに惹かれたってところが、
さすが旅プラスさんです♪(笑)
ライオンはいつ登場??って思われませんでした?
最後の最後じゃないと、ライオンってタイトルの意味が分かりませんでしたよね
あの5歳の男の子、演技が凄いですよね~
胸に迫ってくる演技でした!
1年分の涙となったんですね
ほんと、それだけの想いが詰まった映画でしたね^^

Commented by umitosora14 at 2017-10-16 19:20
KEIさん、今晩は^^
コメントありがとうございます
KEIさんも、そのニュースご存じなかったんですね
わたしも、全く知らなかったです^^;
映画は、宅配レンタルと映画館と半々ぐらいで観てます
で、映画館ですと、予告をしっかり観てしまうから、
次に観たい映画ができちゃうんですよね(笑)
そうそう、天候が良くない時は、映画日和です♪

↓記事も見てくださって、ありがとうございます^^
ご主人と一緒の時は、同じような感じなんですね
そう、気を使っちゃいますよね^^;
写真に限って言えば、一人でふらりがいちばんですね(笑)
Commented by umitosora14 at 2017-10-16 19:37
berryさん、今晩は^^
コメントありがとうございます
そうそう、まさに「事実は小説よりも奇なり」ですよね~
小説だったら、実際には、そんな上手く行くわけ無いでしょって思っちゃいそうな^^;
「大地の子」、壮大なスケールですよね
わたし、たしか本を何冊か読みましたけど、図書館本で全部読みきってないような。。。
コメント読んで、DVDがあるなら観たいって思ったけど、無さそう?
やっぱり全4巻の本を読むしかないかな^^;
親子の愛、生みの親も育ての親、ほんとに変わらず深いものですね
Commented by aitoyuuki32 at 2017-10-16 19:37
前ボケ、後ろボケ
花の流れのリズム
色合いの爽やか

とっても好きな一枚(^_^)v
Commented by umitosora14 at 2017-10-16 19:41
ロンままさん、今晩は^^
コメントありがとうございます
「ライオン」ね、私が見た映画館は、ちょっとワンテンポ遅れて上映するところ(笑)
なので、一般の映画館は、上映が終わってるかも、ごめんなさい
DVDで観ていただけたら、嬉しいです
僕のワンダフルライフは、まだ上映してるかと。
こちらも、お薦めです*^^*
犬を飼ってないわたしでも、感動しましたから、
愛犬家の方には、ぜひ観て頂きたいなぁって思います^^
Commented by nonshi24 at 2017-10-16 20:47
こんばんは~。
映画のお話にルンルンです♡
「ライオン 25年目のただいま」
私は「奇跡体験アンビリバボー」で見たのですが
幼い時の記憶を辿る旅。
感動で涙涙でした。。
映画化になると聞いて観に行こうと思いながら
機会を逸してしまって。。
いつか絶対見ようと思います。

「僕のワンダフルライフ」♡
ラッセ・ハルストレム監督作品。
彼の作品大好きで、ほぼ全部観ています。
犬にまつわる映画、多いのですよ^^

実は観に行こうと思った矢先。。
ショコラの一周忌が過ぎたら
何かの形でじっくり観てみようと思います^^
映画のお話、一緒にできて嬉しかったです♡
Commented by umitosora14 at 2017-10-16 21:20
yocoさん、今晩は^^
コメントありがとうございます
ぜひぜひ観ていただけると良いナァ
25年ぶりに探し当てる話しももちろんですけど、
インドでの生活、迷子になりオーストラリアへ養子として渡るまでのお話しも、
ほんとに数奇な運命。
しかも、この5歳の男の子が、素晴らしいんです
母や兄への強い愛情が溢れてて、迷子になった動揺、必死さ、哀しみ、もうほんとに心うたれます
わたしが映画も本も写真もっていうのは、単に好きなことに欲張りなだけ(笑)
楽しんでいるだけなので、
ぜんぜんすごくも無いんですよ^^;
yocoさんは、アフタヌーンティも、和服も、美しいものにいっぱい触れられてて、
しっかり芸術の秋を楽しまれてますよ♪
Commented by umitosora14 at 2017-10-16 21:33
nekoyamaさん、今晩は^^
コメントありがとうございます
すごいお話しでしょ?ビックリです
住んでいたところの名前も地図上に見当たらず、
どの駅から電車に乗ってきてしまったのかも分からず、
あまりに僅かな情報の思い出だけ。
google earthでも、なかなか見つけられず、かなりの時間の末に探しあてたんですよ
でも、google earthが無かったら、無理だったでしょう。
犬の映画は、予想以上に心打たれました^^
予告でも泣けちゃいましたか?
それは、ぜひ、本編をご覧になって、おお泣きなさってくださいね!(笑)
Commented by umitosora14 at 2017-10-16 21:37
14:29の鍵コメさん、今晩は^^
コメントありがとうございます
映画を観て、思いっきり泣くのもストレス解消になるそうですよ!
ぜひ、タオルを手にご覧頂けたらって♪(笑)
いろいろお忙しそうですけど、
もうひと頑張りって感じでしょうか?
記事を見ていただけるのは嬉しいけれど、
あまり無理しないでくださいね^^
いつも、お写真を楽しみにしてます♪
Commented by umitosora14 at 2017-10-16 22:14
marucoxさん、今晩は^^
コメントありがとうございます
機内映画でご覧になったんですね~
主演の方、その役をぜひやりたいと自ら頼み込まれたんですか@@
ほんとに主人公への思い入れがあって演じられてたんですね
「スラムドッグミリオネラ」、あの賞金獲得クイズに挑戦してってお話しですよね
あの映画も好きです!
だけど、あの主人公と、今回の主人公が一緒とは@@
わたしは、映画観ても、なかなか俳優とか監督の顔も名前も覚えなくて、お恥ずかしいです><

クリムトの絵がプリントされたお土産物、いろいろありますね
紅茶缶をお持ちなんですね~
わたしは、絵を堪能して満足しちゃって、グッズは何も買わなかったんですよ
今思うと、何か買っておけば良かったかも(笑)
いつか、クリムトの絵を実際にご覧頂けるといいなって思います^^
Commented by umitosora14 at 2017-10-16 22:23
aitoyuukiさん、今晩は^^
コメントありがとうございます
今日の写真を好きな一枚って言って頂けて、すごく嬉しいです!
前ボケと後ろボケのなかで咲く花を撮ってみました
イメージしたように撮るのは、難しいですね^^;
いろいろ挑戦して撮ってみたいって、思います♪
いつも見てくださって、ありがとうございます!
Commented by umitosora14 at 2017-10-16 22:30
かほさん、今晩は^^
コメントありがとうございます
「ライオン」の実話、アンビリバボーで取り上げてたんですね!
確かに、信じられないような実話ですね~
幼い記憶を辿るところももちろんですけど、
幼い時の迷子になってから養子となってオーストラリアへ渡るところも、
信じられないお話しです
ぜひぜひ、いつかご覧になってくださいね^^
「僕のワンダフルライフ」の監督もご存知なんですね
犬にまつわる映画が多いんですか?
こんかいのも、犬目線の映画で新鮮でした^^
犬を飼われてた方にはいっそう心に響く映画でしょう
こちらもぜひ♪

先日、かほさんが記事にされてた映画「ドリーム」、
とても面白そうなので、いつかぜひ観たいって思ってます♪
また、映画のお話し、聞かせてくださいね^^
by umitosora14 | 2017-10-15 22:16 | 花、自然 | Comments(20)