毎日の生活の中に素敵なショットを見つけていけたら嬉しいです。


by umi

くりむと

b0324291_22500005.jpg



「接吻」
クリムト




このクリムトの絵があるのは
ベルヴェデーレ宮殿です



b0324291_22490924.jpg

美しい宮殿

もとは、ハプスブルグ家に仕えたオイゲンという軍人が
夏の離宮として造らせたもの
亡くなった後はハプスブルグ家に売却され、今は美術館になってます


向こう側には綺麗な庭園


b0324291_22495800.jpg

b0324291_22500316.jpg


美しい館です


b0324291_22500207.jpg



ここの展示作品はなんといっても
クリムトの作品が有名ですね

といっても、訪ねる前は、
クリムトにあまり知識が無かったですけど^^;


代表的な作品が
ずらっと並んでます


b0324291_22504152.jpg


官能的で甘美で妖艶


そんなイメージのクリムトですけど
風景画は、穏やかな作風なんです


b0324291_22504198.jpg




いろいろな作品を見ましたけど
やっぱりいちばん素晴らしかったのは
最初の写真の「接吻」



ガイドブックで見たときは
正直それほど惹かれず^^;

でも、本物は凄かった!

輝き、細やかな描写、塗り重ねた質感


b0324291_22504207.jpg



わたしの背より大きな絵
見る角度で印象が変わると教えてもらったので
右、正面、左からと見る位置を変えて
近づいたり遠ざかってみたり(笑)

たまたま人が少なかったので
10分以上かな
じっくり味わいました♪


素晴らしい絵でした*^^*




(2017.8 ベルヴェデーレ宮殿にて ウィーン)




いつも見てくださって
ありがとうございます^^








[PR]
Commented by ayayay0003 at 2017-10-13 08:42
おはようございます^^
クリムトの「接吻」見せて頂き嬉しいです~(^-^)
実は、フリ―タイムにどこに行くかということになり
父がクリムトには興味がなくて行きそびれました(笑)
今なら行くのですが・・・
ヴェルヴェデ―レ宮殿も美しくて魅せられますね♡
2枚目の不思議な像、ギリシャ神話の中に出てくるような感じですね~お写真美しいですしイイ感じです(^^♪
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-10-13 13:47
こんにちは
「接吻」を鑑賞したのは、遠い昔ですが思い出しました。
美しい絵ですね。
あとは女性だけの4枚コラージュの左下は、「ユディット」。
いつだったかウィーンの美術館で観ました。
こちらは官能的過ぎて、殆どの日本人は「接吻」のが好みと思います。
クリムトの絵って、愛知県美術館に1点あるんですよね。
確か「黄金の騎士」という作品。
今度、シャバーニを見に行ったら、ついでに愛知県美術館にも
寄ってみようと思います(^。^)
Commented by saharutouko at 2017-10-13 16:32
こんにちは!
私もクリムトが大好きで、ウィーンに行くたびに美術館めぐりをします。
特に「接吻」は素晴らしいですよねー…すーっと引き込まれるような力を感じます。

夏のウィーン、umiさんのお写真でたっぷり楽しませて頂きます*^^*
Commented by purebliss at 2017-10-13 18:24
本物は 圧巻でしょうね
きっと色合いとか質感とか 素晴らしそう^^
優しい愛が溢れてますね
PC前で うっとりしてます(*´艸`*)
小さいサイズのコピーで 額装しようかな♡
Commented by umitosora14 at 2017-10-13 18:58
アリスさん、今晩は^^
コメントありがとうございます
「接吻」の絵を見て頂けて、嬉しいです♪
各地を訪ねて、全部を見てしまったら満足しちゃいますもの
一つぐらい、見たかったって言うものがあるほうが、
また訪ねる機会になるかもですよ!
ということで、ぜひ、ウィーンを再訪なさってくださいね♪
2枚目の像は、半人半馬で、ギリシャ神話のケンタウロス?
ケンタウロスって男性のイメージでしたけど、
ここのは、対になってて、両方とも女性でした(笑)
Commented by umitosora14 at 2017-10-13 19:20
旅プラスさん、今晩は^^
コメントありがとうございます
「接吻」は、随分前にご覧になったんですね
でも、その美しさは記憶にしっかり残ってたんですね
そうそう、4枚のコラージュの左下は「ユディット」
これも、有名なようですけど、官能的過ぎるって事と、
それに右下の生首を持っているあたりも、あまり好まれないかも^^;
ユディットは、国を救うために、自らの美貌を利用し、
敵将を誘惑して泥酔したところを、首をはねたって話し。
日本人には、あまり馴染まないお話しですよね。

愛知県美術館にクリムトの絵?
って調べたら、確かにありました!トヨタの寄贈のようですね。
で、その絵「黄金の騎士」は11月14日~19日のみ展示らしいです!
>改修工事のため2017年11月20日(月)から2019年3月31日(日)まで休館します。
ですって@@
知りませんでした~^^;
シャバーニに会いにいらっしゃるついでには、
11月19日までが良いみたいです。
Commented by umitosora14 at 2017-10-13 19:26
春色さん、今晩は^^
コメントありがとうございます
クリムトが大好きなんですね~
本場で何度もご覧になってるなんて、羨ましい限りです^^
やっぱり「接吻」は、素晴らしいですよね♪
すっーっと引き込まれるような力、
ほんと、そんな感じを受けました!
いくら見てても、飽きずにその世界に心地よくはいり込めるような*^^*

ウィーンは、見所の多いところですね~
時間がぜんぜん足りませんでした^^;
Commented by umitosora14 at 2017-10-13 20:09
pureさん、今晩は^^
コメントありがとうございます
この接吻の絵、正直、本物を前にするまであんまり興味が無くて^^;
とくに好きなジャンルや画家じゃなかったんです。
でも、実物の前に行ったら、
こんなに美しく、細やかな表現で、質感も素晴らしくて、
もうね、驚きました(笑)
写真よりも本物が凄い!って感じたのは、この絵が断トツかも♪
優しい愛が溢れてますよね
小さいサイズで額装、わぁ素敵ですね!
ぜひ、作って!見せてね~♪
Commented by k-24 at 2017-10-13 21:13 x
こんばんは☆彡
ウィーンは、美しいところが、たくさんあって、
何日も、滞在したくなる街ですね^^

クリムトの接吻、斜めから見ると、
立体感があるように見えます。
どんな画法を使って描かれたのか、
とても、興味がわいてきました。
素晴らしい絵を紹介してくださって、ありがとう
Commented by umitosora14 at 2017-10-13 23:03
k-24さん、今晩は^^
コメントありがとうございます
ウィーンは、美しいところ、いっぱい♪
素敵な街でした
クリムトの接吻、不思議な絵でした
近くで見ると、質感がとてもあって。
とても魅力的な作品です*^^*
興味を持ってくださって、嬉しいです!
Commented by N-styel at 2017-10-14 13:59
あぁ~~~♡素晴らしいぃ~~‼
官能の美しさです…(*˘︶˘*).。.:*♡
黄金のアデーレという映画を以前ご紹介したんですが、
クリムトの作品のね、数奇な運命のお話、実話です。
接吻を間近でご覧になれたなんて…羨ましい限りです♡
しかも混雑なしに…‼٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
素晴らしいお時間をご堪能でしたねぇ~(*˘︶˘*).。.:*♡
Commented by umitosora14 at 2017-10-14 18:34
Naoさん、今晩は^^
コメントありがとうございます
黄金のアデーレ、はい、ご紹介を覚えてます!
って、レンタル予約に登録するのを忘れていたので、
さっそく登録しました♪
思い出させてくださって、有難うございます^^
「接吻」、これだけ有名な絵なので混雑してると思っていたら、
偶然にも、誰も見てなかったんですよ!
私たちのグループだけで、貸切のようにで(笑)
夏の観光シーズンなのに、ほんと運が良かった~って感じです^^
Naoさんも、きっとお好きな絵だと思います*^^*
次ぎの旅は中欧はいかがでしょう?
Commented by roseyrosey at 2017-10-14 18:41
クリムトをそれもゆっくりとご覧になられれ
羨ましい限りです。あの世界観ってすごいですよね。
絵画も彫刻も日本の仏像なども、やはりその場所で
観るというのが本当の贅沢のような気がします。
その場所の文化や空気に触れながら目にすると作家の背景を
垣間見れたように感じ、感動や感慨もひとしおのような。。。
『接吻』いつか本物を観てみたいですねー^^
Commented by umitosora14 at 2017-10-14 22:35
roseyさん、今晩は^^
コメントありがとうございます
クリムト、ご存知なんですね~
独自の世界観、素晴らしいです
でも、彼の作品、当初は、批判が凄かったようですね
作品をその場所で観るって、やっぱりとても贅沢なことですね
たまたまツアーの観光候補に入っていたので巡り会えたのですけど、
気になる絵でも、なかなか巡り会えず、
会えてもほとんどは展覧会です^^;
この「接吻」は、本物の迫力がはんぱ無かったです
いつか、本物をご覧頂きたいです^^

by umitosora14 | 2017-10-13 07:30 | 旅行、お出掛け | Comments(14)