毎日の生活の中に素敵なショットを見つけていけたら嬉しいです。


by umi

プラド美術館展へ

b0324291_21103949.jpg



















東京旅です

プラド美術館展が開催中でした
丸の内の三菱一号館美術館

東京駅から向かいます
途中も良い雰囲気^^

b0324291_21104152.jpg





















美術館自体も、趣きがあります

b0324291_21104224.jpg

その庭も良いですね~

b0324291_21104563.jpg


















絵は撮れないので
庭を撮影(笑)

b0324291_21104747.jpg

b0324291_21104993.jpg



















プラド美術館展のテーマ
ー スペイン宮廷 美への情熱 

15世紀以降のスペインの歴代国王が美術への情熱を持ち
蒐集した作品群です

重厚で見応えあるどっしりとした作品の数々
エル・グレコ、ベラスケス、ゴヤ、ボス、ムリーリョなど
有名画家などの作品いろいろ



その中で一番の衝撃を受けたことを、ひとつご紹介(笑)
まったく個人的な感想ですが^^;

このチケットの絵の女性は、

b0324291_21104323.jpg



















マリア・ルイサ
スペイン王カルロス4世の妃です

この絵は、アントン・ラファエル・メングスが、
新婚当初のマリア・ルイサを描いたもの
綺麗な女性ですよね

ところが、このマリア・ルイサは
一般的に、醜く、意地悪で粗野な女性として描かれることが多く
国王を尻にひいた悪いイメージが持たれてます

この絵は、ゴヤ作「カルロス4世の家族」
(ウィキペディアHPからお借りしました
今回この絵は、この展覧会には来てません)

b0324291_21104145.jpg

真ん中の女性が、マリア・ルイサです
とても王妃にも見えない感じ^^;

この美術館展でも、
この2つの絵に言及するコメントが展示されてました

度重なる出産などで
年々容姿が衰えていったことは事実らしいのですが、
それにしても、酷い描きよう
スペインの人たちに評判の悪い王妃だったようです

ゴヤの絵のマリア・ルイサが印象に残っていたので、
このゴヤの絵とチケットの女性が同一人物とのコメントに
かなり、ビックリしました(笑)



って、ごめんなさい、

ボスの絵は、やっぱりシュールだとか、
大作よりも、その絵のための習作のほうが、
生き生きとした作品であるのが面白いとか
ちょっとづつの感想はあるのですけど

プラド美術館展の本質のコメントは、
とても書けません^^;


素晴らしかったし、面白かったのですけど
ただ、あまりに一度に
多くの画家の多くの作品に触れすぎて、
ちょっとくらくらしました(笑)




いつも見て頂いて
ありがとうございます^^


[PR]
Commented by rinkatu at 2015-12-05 23:51
前記事でモネがあったり
今回のプラド展であったり
すごい行動というか
旅でのプランがしっかりしてて
いつも感心ですヽ(^。^)ノ
プラドは考えさせられそうな絵画がズラーのようで見応えありそうな。。。
金沢ぐらいに来てくれないかなぁ(^^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2015-12-06 15:13
こんにちは

三菱一号館美術館は、我が社のすぐ近くです。
写真4枚目・5枚目の中庭は、近所のOLさんたちが、
昼休みによくお弁当を食べてる場所です。

マドリッドのプラド美術館は、過去2回訪問したことがあるので、
プラド美術館展は観に行ってないのですが、今回は有名画家の
作品が沢山来日したんですね。

マリア・ルイサは母方の祖父がフランス王・ルイ15世で、
彼女はルイ15世の淫乱な血を引き継いで、浮気性だったのではと言われてます(笑)
まあ、恋多き人妻だったので、子供9人は誰の子かわからないとか。
もし世界三大悪女が、あったらきっと彼女もその候補だったと思います(^。^)

でもゴヤは辛抱強く、彼女の絵を沢山描きました。
きっと、パトロンには逆らえなかったんでしょうね。
Commented by umitosora14 at 2015-12-06 17:46
rinkatuさん、今晩は^^
コメントありがとうございます
今回は、ラグビーにあわせての日程で、
ほかのイベントを探したら、
モネ展とプラド美術館展が開催中
なので、それをメインに見て周る処を決めたんですよ^^
でも、アバウトに決めるだけなので、
直前に、慌てて行き方とか調べたり^^;

展覧会とか、なかなか地方に周って来ないんですよね><
わたしも、しょっちゅう、名古屋は来ないんだってガッカリしてます;;
Commented by umitosora14 at 2015-12-06 18:03
旅プラスさん、今晩は!
コメントありがとうございます
知らずに、旅プラスさんのホームグラウンドにお邪魔してましたね(笑)
いい場所ですよね~
あの中庭は、ランチを楽しむには、ぴったりの場所ですよね(笑)

プラド美術館は、私もツアーで一度寄ってるのですけど、
でも、あまり知識もなく行ったので、
大して覚えてなくて(恥)
ゴヤの裸のマハ、着衣のマハとか、いくつかは覚えてるけど、それくらいです^^;
今回の来日した作品、殆ど、記憶に無いものばかりでした(笑)
やっぱり、ある程度分かって行かないと、もったいないですね

マリア・ルイサは、やっぱり評判悪いんですね^^;
ただ、あの「カルロス4世の家族」のマリア・ルイサとか、他の人が描いた絵も、ほんとにかなり酷い描きように思えるんです・・・
ゴヤは辛抱強く、彼女の絵を沢山描いたんですか?
綺麗じゃなく性格悪そうな女性に描いてますよね・・・
彼女は、ゴヤの描く自分に気を悪くしたり、
描き直しをさせなかったんですね・・・
それが不思議な感じがしてしまいます(笑)
Commented by okikuiro at 2015-12-06 18:04
絵を鑑賞されて絵画の歴史的背景も勉強されて
ほんと、勉強になりますm(__)m
絵を見るは好きですが
説明をほとんど読まない質なので(^^;umiさん、すごい!
いつもブログを楽しみにしています。

Commented by suzu-clair at 2015-12-06 18:07
ここの美術館は、建物も美しく、
庭園など周囲もおしゃれで素敵ですよね。
丸の内のこの辺りって私も好きです。

プラド美術館は、
重厚な作品が多いというイメージがあって、
正直ちょっと苦手なのですが、
たしかに、「美への情熱」という表現がぴったりきそう。
すごい見応えがあったことでしょうね。

ゴヤのこの絵、有名ですよね。
この絵のおかげで、
マリア・ルイサは、こうして後世までずっと
人々に悪印象を植え付けていったことを思うと、
ゴヤはすごいチャレンジャーだった気がします^^
umiさんのお写真の、
チケットの背景の緑がとてもきれい・・・☆
Commented by k-24 at 2015-12-06 20:20 x
三菱一号館美術館、お庭も素敵で、いい雰囲気ですね^^
こんな場所で、美術鑑賞ができるなんて、最高!
夜に、この建物を撮影したことがありますが
昼間にも、行ってみたいと思います^^
ゴヤの作品もあったのですね~
ずっと前に行ったゴヤ展の、マハが、印象的でした^^
Commented by N-styel at 2015-12-07 08:37
靖国参拝や芸術の秋をご堪能で、精力的に都内を巡られたのですねぇ~♬
私も数年前の暮れ、ゴヤ展を堪能したのを思い出しました。
三菱には大好きなラリックの朝顔があるので、開館当初早速足を運びました。(。◕ ∀ ◕。)
美しいモノを眺めると心が豊かになりますね~??
Commented by umitosora14 at 2015-12-07 20:55
おきくさん、今晩は^^
コメントありがとうございます
私の絵の知識は、ほんのぽっちりですよ^^;
さいきん、ちょっと興味を持って、
絵にまつわる本を数冊見ただけの付け焼刃です(笑)
でも、面白くなってきたので、
もっといろいろ知りたいなって思ってます♪
ただ、読んでも、忘れてしまうことも多々あるので、
それが問題なんですけどね^^;
Commented by umitosora14 at 2015-12-07 21:10
すずさん、今晩は^^
コメントありがとうございます
この美術館、とっても雰囲気良いですよね~
庭園やレストランがあって、多くの人が寛いでました^^
プラド美術館は重厚な作品のイメージは、
分かります^^
ひとつひとつどっしりとした作品が多いですよね
多くの作者の多くの重厚な作品をみて、
ちょっと濃厚なスープを沢山頂いたような感じでした(笑)

ゴヤのこの絵は、やっぱりご存知でしたね
悪評判だったとはいえ、この描き方は、ちょっと凄いって思ってしまいます
この絵を見る人は、彼女に悪印象しか受けませんものね
チケットの背景は、ここの庭園の緑です^^
入場を待ってる時に、撮ったんです
ちょっとボケてるけど、背景の緑が気に入ってアップしてしまいました^^
Commented by umitosora14 at 2015-12-07 22:19
k-24さん、今晩は^^
コメントありがとうございます
この美術館、夜も素敵でしょうね
昼間もぜひ訪ねてみてくださいね~
ゴヤの作品もきてましたけど、
今回、マハは来てませんでした
マハの絵、私もプラド美術館で会いましたけど、すごく印象に残りますよね

それから、K-24さんの紹介されてたペリカンさんに、この東京旅で会ってきましたよ♪
勝手ながら、今日のブログで紹介させて頂きました
わたしにも、いっぱいお話してくれました(笑)
Commented by umitosora14 at 2015-12-07 22:30
Naoさん、今晩は~
コメントありがとうございます♪
東京に伺うと、あそこもここもって、
行きたいところが次々浮かんできてしまうんですよ^^
東京を観光する時が、一番よく歩く日になります(笑)

ゴヤ展、ご覧になられたんですね
きっと見応えのある絵ばかりでしたでしょう
ここの美術館で、ラリックの朝顔が見れたんですね♪
所蔵してるんでしょうか?それとも、企画展でしょうか?
ラリック、美しいですものね~
美しいもの眺めると、心が豊かになる気がしますね^^
Commented by desire_san at 2016-02-01 14:14
こんにちは。
私も『プラド美術館展』展を見てきましたので、興味を持って読ませていただきました。比較的小さな作品が多かったですが、日本でめったに見る機会のないボスやメムリンクの作品や、エル・グレコ、ルーベンス、ムリーリョ、ベラスケスの充実した作品が見られてよかったと思いました。

私は今回の『プラド美術館展』から特に印象に残った作品を選んで少し掘り下げて感想などを書いてみました。あわせて、スペインのプラド美術館に行って実際に見たプラド美術館が誇る傑作についても整理して紹介を試みてみました。読んでいただけると嬉しいです。ご意見・ご感想などコメントをいただけると感謝いたします。トラックバックも大歓迎です。
Commented by umitosora14 at 2016-02-01 23:46
desireさん、今晩は!
コメント&トラックバック、ありがとうございます
「プラド美術館展」、ご覧になられたんですね
記事にされたとここと、楽しみです!
後ほど、伺わせて頂きます
わたしには、あまりに多くの作品に、多くの作者で、
じっくり見ましたけど、味わい尽くす前に、くらくらしてきました^^;
実際の絵を見たことが無かったボスやムリーリョが気になったので、見れて良かったです
by umitosora14 | 2015-12-05 23:21 | 旅行、お出掛け | Comments(14)