毎日の生活の中に素敵なショットを見つけていけたら嬉しいです。


by umi

モネを愉しむ♪


モネ展、とても見応えありました♪

前からモネが好きなんですけど
ただ好きというだけで
あまり詳しく無くて^^;

そんなわたしが、モネ展をご紹介するのはおこがましいですけど
とても良かったので、
ちょっとご紹介(笑)


今回、展覧会の期間の前半、後半で入れ替えの作品があって
私が訪れたのは、後半の会期

前半が《印象、日の出》
この絵は知ってて、見たかったんですけど、
残念ながら、見れず・・・

b0324291_19521445.jpg




















で、後半が《ヨーロッパ橋、サン=ラザール駅》

わたし、恥ずかしながら知らなかったんですけど
かなり有名な絵のようで^^;


b0324291_20005959.jpg






















この絵をゆっくりと鑑賞

もうもうと湧き出ている水蒸気や
機関車や橋の迫力、駅の活気も感じる素晴らしい絵です


この絵のエピソードにも驚き

この絵を描くために、正装で駅長室を訪れたモネ
ホームからお客をすべて排除させて
機関車をたくさん並べさせ
もうもうとした水蒸気を出すために
石炭をたくさんくべさせたそうです

今の時代には考えられないですね(笑)
駅長にそんな権限は無いでしょうし
もし実行したら、すごいクレームが殺到しそう^^;
でも、お陰で、この大作が生まれたと思うと
駅長さんの英断に感謝したくなりました

新しい時代の象徴のような駅
このサンラザール駅は、
他にも多くの画家がこぞって描いているようです


モネといえば
睡蓮の連作ですよね

この絵の色合い、良いですよね♪

b0324291_19521248.jpg





















何年も前、モネ展を観た時は
睡蓮の大作が数多く展示されてました

今回は、マルモッタン・モネ美術館所蔵の作品のみの展示会
モネ自身が大事に手元に持っていた作品も多数

睡蓮の絵だけでなく
モネの絵の流れや、影響を受けた人たち、またコレクションの作品も展示

モネって、驚いたことに、最初は風景を描いてないんですよ
「カリカチュア」(風刺画)
学生のモネはさらさらっと描いては
お店のショーウィンドウに飾ってもらって
売り上げをお小遣いにしてたそうです
モネのカリカチュアは人気を博していき、よく売れました

展示されてたカリカチュア
個性が捉えられて誇張された素晴らしい作品達でした^^

その後、そのカリカチュアを見た画家に才能を見出されて
風景画を勧められます

何人もの画家との出会い
師と仰いだり、また、若い画家に刺激を得たり
その人たちの作品も展示されてて、興味深かったです

モネの絵の変遷の他にも
家族の肖像画、
旅、住んだ所、ジヴェルニーの庭への思い入れ、
盛り沢山の内容のある展示です

私の好きなモネの蓮の絵も
晩年になると絵の作風が変わって行きます

光りと色への追求がますます進んで
輪郭はどんどんぼやけて行き
色彩が溢れる絵に

この絵も大事にしてたジヴェルニーの庭
睡蓮の池への薔薇の小道


b0324291_21590481.jpg

























晩年の作品は、睡蓮も、橋の絵も、柳の絵も
どんどん輪郭はぼやけて、色だけが鮮やかな、まるで抽象画のよう

ただ、私の好みは、この晩年の頃じゃ無くて
盛年の頃の輪郭の分かる睡蓮の絵です(笑)


モネの絵に対峙する情熱も伝わってきました

モーパッサンが、モネについて述べた言葉も紹介されて
「彼はもはや画家ではなく、実際のところ狩人であった」

時々刻々と変化していく自然
その一瞬の美は、その瞬間にしか捉えられないと
飽くこと無く、写し取っていったそうです

朝の光りの中、明るい昼の光りの中、夕暮れに見せる姿
同じものを、何度も描いてます

これは、写真にも通じることだと感じました



ちょっとと言いながら、長々と^^;
とても感動したので
記憶の新鮮なうちに、
ちょっと書き留めてしまいたくて(笑)

絵に詳しくないので
間違ったこと書いてたら
教えてくださいね^^


(2015.11.21 東京都美術館 モネ展)




いつも見て頂いて
ありがとうございます^^


[PR]
Commented by rinkatu at 2015-11-26 10:31
絵画の構図、タッチ、色使いは写真撮るのに参考になると思うんですよね!
あとは陶芸の焼き物の色だったり形とか
掛け軸に書かれたモノクロの世界観とか
いろんなものから刺激もらえます(^^)/
Commented by tabi-to-ryokou at 2015-11-26 13:36
こんにちは

モネは長寿で、しかも多作の画家だったので、作品も多いし、
彼の絵画を見る機会は、私も含め、どなたもが多いと思います。
でもサン・ラザール駅で機関車を止めて、あの絵を描いたなんて
知らなかったです(^。^)
umiさんのレポートは素晴らしいです。

昨年6月にモネを訪ねる旅をして、ホテルはサン・ラザール駅から歩いて10m。
そこを起点に、シヴェルニーや、ルーアンを廻りました。
もし時間がありましたら、私の日記の「タグ」から
「フランス」を検索してみて下さいね。
モネにからむ写真が何枚か出てきます。
Commented by ayayay0003 at 2015-11-26 17:54
こんにちは^^
私もモネさん大好きです(^^♪
umiさんのレポート素敵ですね☆
ジヴェル二―も行ったので最後の絵は興味深いです♡
私は、2014年の3月に東京であったモネ展へ行きました(*^^)v
その時の記事、2014年の3月21日の記事なのでよろしければ見ていただけると嬉しいです(^。^)
Commented by suzu-clair at 2015-11-26 17:56
マルモッタンモネ、
楽しまれたようでなによりでしたね。
私もこちらのモネ展、
もし行けたら~とは思っていたのですが、
他の展覧会を優先してしまったので、
Umiさんの視点からレポートしていただけて嬉しいです。
同じ場所を何度も描き続けたモネのまなざし、
一期一会の光をとらえたところなど、
自然観察という点で共感を覚えますね。
たくさん美術館をご訪問なさったようで、
芸術を堪能されたのですね♪
Commented by umitosora14 at 2015-11-26 19:12
rinkatuさん、今晩は^^
コメントありがとうございます
そうそう、絵も、掛け軸も、焼き物も、
いろんなものから刺激はもらえますね♪
写真を撮るようになってから、
前よりもモノをよく見れるようになったような気がするんです
前は、ただ、きれい~って見てただけでしたけど、
今は構図とか色使いとか、光と影とか、
いろんなコトに目を向けれるようになりました^^
写真のお陰ですね♪
Commented by umitosora14 at 2015-11-26 19:30
旅プラスさん、今晩は!
コメントありがとうございます
いえいえ、私のレポートが良いとしたら、
それは音声ガイドのお陰です(笑)
音声ガイドもたいしたこと無いこともあるんですけど、
この展覧会のガイドは、とっても面白かったです
おかげで、いろんなエピソードや関わった人物など教えてもらえ、モネの絵の背景が伝わってきました
それに、今回は、BGMも考えられたクラッシックの楽曲が使われてたり、BGMのみの選択も出来たりと、
とても気分よく鑑賞できました♪

そうそう、わたしが、絵に以前よりも関心を深めたのは、旅プラスさんの影響なんですよ^^
旅プラスさんが、フェルメールをお好きなのを伺っているうちに、いろいろフェルメールをネットで見て、私も嵌まってしまいました(笑)
で、ルーブルに行く前に、絵の関連の本を読んだりして、ますます絵が面白くなってきたんですよ^^

あら、モネを訪ねる旅をされたんですか?
それは、素敵です♪
ありがとうございます、早速見せていただきます^^
Commented by umitosora14 at 2015-11-26 19:34
アリスさん、今晩は^^
コメントありがとうございます
そうそう、アリスさんもモネがお好きでしたよね♪
あの睡蓮の絵の色合いは、なんとも魅力的ですよね
ジヴェルニーの庭も行かれたんですよね~
あ~わたしも、いつか行ってみたいです
2014年のモネ展に行かれたんですね
記事のご紹介嬉しいです!ぜひ、見せていただきますね♪
Commented by umitosora14 at 2015-11-26 19:42
すずさん、今晩は^^
コメントありがとうございます
はい、マルモッタン・モネ展、とっても楽しませて頂きました♪
一期一会の光りを捉えたモネのまなざし、
そうそう、そうなんです!
まさにそんな感じをお伝えしたかったんです
記事を書くときに、いい表現が出てこなくて^^;
自然は見つめるほど、奥の深さがありますね

なかなか地元名古屋には、巡回してこない展覧会が多くて><
今回は、美術館をいくつか巡れて良かったです^^
Commented by okikuiro at 2015-11-27 00:01
モネ展!!!行かれたんですね~~~いいないいないいな!
実は先日仕事で東京に行った主人がモネ展に立ち寄ってきて、よかったって言っていました。名古屋にも来てほしいですね。
美術館もステキですよね~。
↓相田みつを展も行かれたんですかぁ~~もう、umiさんったら、うらやましいですぅぅぅ。
またお写真&お話楽しみにしております♪♪♪
Commented by desire_san at 2015-11-27 08:07
こんにちは。
私もマルモッタン・モネ美術館所蔵品のモネ展を見てきましたので、幅広い見地からのご説とご感想を興味を持って読ませていただき大変勉強になりました。
私は、前半と後半に2度足を運び、モネの代表作『印象 -日の出-』と『サン・ラザール駅』はモネにしか描けない魅力を満喫できました。晩年のモネは前衛画家的な一面があり、アメリカの抽象表現主義絵画に共通するものがあることを身を持って体験することができました。

私もブログでモネ展を印象派画家モネと前衛画家モネの両方の観点で整理してみました。読んでいただけると嬉しいです。ご意見・ご感想などコメントをいただける感謝致します。
Commented by umitosora14 at 2015-11-27 19:37
おきくさん、今晩は^^
コメントありがとうございます
そうなんですよね~どうして名古屋は飛ばされちゃうんでしょうね(泣)
見たいって思う展覧会、コンサートとか、
かなりの割合で、スルーされますよね><
相田みつを展も、久々に見て、良かったです
また、そのうちにアップしますので、
良かったら、見てくださいね~^^
Commented by umitosora14 at 2015-11-27 20:07
desireさん、今晩は^^
お越しくださって有難うございます!
こんな拙いモネ展の紹介は、絵に詳しい方にはほんとに恥ずかしいのですけど、
素朴な感想ということで受け止めて頂けると嬉しいです^^
前半と後半、2度足を運ばれたなんて、羨ましいです
もちろん、《サン=ラザール駅》も素晴らしかったんですけど、《印象・日の出》、見たかったです
モネのいろんな面を味わえて、素晴らしいモネ展だと思いました
かなりじっくり見て周ったつもりですけど、
もう一度、じっくりと見てみたいって感じてます^^
by umitosora14 | 2015-11-25 23:29 | 旅行、お出掛け | Comments(12)